世を凌ぐ仮の姿ではない。

少し古い問題ですが・・・・・
広島市議会 母谷龍典議員のホームページ  motani.jp 2014/07/19 を、まずはお読み下さい。

2014/07/19(Sat) どうしたんだ!


「仲井時之の世相を撫でる」というブログへ「記念に載せました」とは甚だ恐縮ですが、僕の出した暑中見舞いが別人のところへ届いたようです。日本郵便もこの暑い夏で弛んでいるのでしょうか。


暑中見舞いをもらったのだから返事を出すことは当然の礼儀と思って投函したのですが、別人の仲井時之という人から『まさかの暑中はがき』と題してブログが掲載されて驚いています。


僕の出したハガキは、柘植という人から届いた暑中見舞いの返礼というつもりだったのですが、仲井という人は知りませんねぇ。なぜ、このような形になったのか不思議ですが、ひょっとして同一人物ではないかという噂もあるので情報を知っている方は、ご一報頂ければありがたいのですが・・・


噂どおり、もしもそうなら事情があって世を凌ぐ仮の姿ということかもしれませんね。




 さて、母谷龍典議員は驚かれ、そして、疑問に思っておられる人物のことですが、その通り、元広島市長秋葉忠利氏は「柘植山頂」と呼び、市長に赤いネクタイを送った事で何かと噂になった人物で、本名は柘植康雄です。
仲井時之は実在しません。実名では肩身が狭い思いをするので、偽名を思いついた名前です。世を凌ぐ仮の姿なんて筋の通るものではありません。単に偽名を使いたい男です。








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。