ご正道を正す

党のためなら言うのが義務

自民党元幹事長石場茂氏


11月24日、学校法人「森友学園」の国有地売却で会計検査院が指摘する調査報告に基づき「国会の求めに応じて報告が出た。感情論ではなく、きちんと法律と数字と事実に基づいて、どうしてこんなことが起こったかを解明するのは国会の責任だ」と語った。


財務省の担当局長として国会答弁した佐川宣寿・現国税庁長官について、「政府として何の瑕疵(かし)もないのであればなおさら記者会見をして、納税者に広く、きちんとした説明をするのが国税のトップだ」と指摘した。


くさり根性の国会議員、石場茂議員の爪の垢でも煎じて飲みなさい。
そうすれば、少しはまともになるだろう。


人間としての道理にかなった正しい道。道理にかなった正しいやり方を志せ。
国会議員として言うべき事は言う、国民のために。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。