ai8882takのブログ

男の世迷言、呆れるほどバカバカしいこの世の話題をユーモア一を織り込み書き込みます。

食品 笑えない裏話

惣菜店で販売されたポテトサラダからO‐157(腸管出血性大腸菌)
三才の女の子がO‐157に感染し亡くなられた。との報道を見て
過去、笑えない話を聞いたことを思い出した。


それは知人のI氏から食材を扱う業界の内輪話。

I氏は職業を転々と変えるいわゆる転職男、ある時、米を商品
とする「ごはん屋」に勤めたことがあるそうです。

主な仕事は米を水で洗う作業「米研ぎ」という。
大量の米を洗うには、それなりに体力が要るらしい。


ゴシゴシと気を入れて洗うと額に汗が噴き出す、その汗を拭いもせず
いると洗った米の中にボタボタと入る。
というより滴り落ちるらしい。


炊飯器に掛け出来上がったご飯を大きな容器に入れ替え
スパーの総菜部や弁当屋、くるくる寿司屋、カレー屋
等々に持ち込む。

それが「おむすび」になり。弁当の「ごはん」くるくる寿司
やカレーとして人の口に入る。
「塩加減が丁度良いのでは?」と、I氏は悪気もなく笑い飛ばした事を思い出す。


さすがにその時は、同調して一緒に笑うことはできなかった。


人が口にいれる物、特に食料品は人命に係る。
作る側、それを売る側は細心の
注意を払って戴きたいものだ。