年もせまり 28日

ピーピーピーと、聞きなれない音で目を覚ます。


女房が冴えない声で「洗濯機が故障してた。」と言う。
「なんで今!こんな時に」と多少ヒステリ気味にぼやく。


洗濯機のメーカー、型式、故障表示番号をパソコンで検索
結果、モーターが寿命のようである。
モーターを交換してもらっても、次に他の部品がダメになる。


この洗濯機は買って何年なるかね、?当時いくらで買ったかな?
「もう20年は使いました。当時4万円位だったと思う」と
女房は口では冷静さを装うが、今日の洗濯を気にしている。


「20年で4万円か?日に約5円強」
「毎日約5円で20年の間、一途に洗濯をしてくれた。」
いまどき一日5円で洗濯を手作業でしてくれる者はいない。
機械とは言え、何ら言わず家族の洗濯物を、毎日、毎日、二十年もの間洗ってくれた。


新しい洗濯機を手配し。まずは女房を安心させ。
昨日まで元気に働いてくれた洗濯機に「ご苦労さん。」と心の中でつぶやく。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。